大学教育再生プログラム(AP) テーマⅠⅡ複合型

お知らせ

  • TOP > 
  • 2月10日(月)大阪府立大学 AP総括シンポジウム「アクティブ・ラーニング、学修成果の可視化のこれまでとこれから」開催のお知

2月10日(月)大阪府立大学 AP総括シンポジウム「アクティブ・ラーニング、学修成果の可視化のこれまでとこれから」開催のお知

投稿者:

2020.01.23

いつ:
2020年2月10日 全日
2020-02-10T00:00:00+09:00
2020-02-11T00:00:00+09:00
連絡先:
大阪府立大学 高等教育開発センター(中百舌鳥キャンパス B3棟2階215号室)
072-254-919

AP総括シンポジウム「アクティブ・ラーニング、学修成果の可視化のこれまでとこれから」

【日時】
2020年2月10日(月)14:00〜17:00

 

【会場】
大阪府立大学 I-siteなんば2F カンファレンスルーム

 

【主催】
大阪府立大学 高等教育開発センター

 

【目的】
AP事業を契機とし、アクティブ・ラーニングの推進と学修成果可視化の取組みが各大学に
おいて積極的に進められるようになりました。その結果、どのような成果が得られ、また
どのような課題が見出されたのでしょうか。本シンポジウムでは関西大学の森先生にAP事業
の成果と今後の課題についてお話しいただきます。加えて、本学の取組みについて報告し、
今後の内部質保証のあり方について考える機会を提供します。

 

【対象者】
大学教職員・学生及び高等教育関係者

 

【定員】
100名(先着順)

 

【参加費】
無料

 

【申込み】
以下の申込みフォームから必要事項をご記入の上、お申込ください。
http://www.ap.osakafu-u.ac.jp/opu-contact/2020-0210ap/

 

【申込期限】
2020年2月3日(月)

【プログラム】 総合司会:高等教育開発センター 准教授 畑野 快

14:00  開会挨拶・趣旨説明(副学長 高橋 哲也)

14:10  基調講演(森 朋子氏)
「アクティブ・ラーニング、学修成果の可視化のこれまでとこれから」

15:10  休憩

15:20  事例報告(各25分)
「授業内外を含めたアクティブ・ラーニング環境の構築:meaQsシステムの概要とその成果」
人間社会システム科学研究科 教授 岡本 真彦

15:45  「総合リハビリテーション学類における組織的な反転授業の取組みとその成果」
総合リハビリテーション学類 教授 高畑 進一

16:10  「e-ポートフォリオの発展と展開」
高等教育開発センター長 星野 聡孝

16:35  総括コメント(森 朋子氏)

16:55  閉会挨拶

 

※講演や事例報告のタイトルは変更になる可能性があります

 

参考リンク(ポスター等)
http://www.ap.osakafu-u.ac.jp/topics/20200210ap/

 

【問い合わせ先】
大阪府立大学 高等教育開発センター(中百舌鳥キャンパス B3棟2階215号室)
Email:fd_center@las.osakafu-u.ac.jp TEL:072-254-919

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です